交通事故とは

交通事故とは、車両や列車の交通によって起こされる事故のことです。
交通事故には二種類あり、物損事故と人身事故とがあります。
物損事故というのは電柱にぶつかったり民家や壁に車が突っ込んでしまったりするような、人の怪我はなく器物の破損のみの事故です。
それに対し人身事故は車同士がぶつかったり歩行者や自転車を引いてしまったりしてけが人が発生したり場合によっては障害を負わせてしまったり、最悪の場合には死亡者が出てしまう事故のことです。

私たちの日常生活では事故を起こす可能性も事故に巻き込まれる可能性もあります。
どれだけ気をつけていても、人間ですからミスをすることもありますし、自分は悪くなくても巻き込まれてしまうこともあります。
万が一事故を起こしたり巻き込まれたりその現場に遭遇をしたならば、適切に行動して二次被害を出さないようにすることが重要です。
また、けが人が出れば人命救助を最優先して行動することも重要です。
その場で適切な行動ができれば救うことのできる命もあります。
事故現場に遭遇すると、動揺してしまい適切な行動が取れなくなってしまうことも多くあります。
しかし、そこで動揺せずに落ち着いて適切な行動をとることができると被害を最小限にできますし逆に適切な行動が取れないと被害をさらに増やしてしまいます。
もちろん事故に遭遇しないことが最も望ましいのですが、万が一の時のための備えとして正しい行動を理解して頭に入れておくことが重要です。
そこで、ここでは交通事故が起きた時に交通の流れを止めないために行動の手順について紹介をしていきます。



≪Special Link≫
全国対応で交通事故被害者の慰謝料相談を受け付けている法律事務所です > 交通事故被害者の慰謝料相談